たかやまけやきの 花しごと

お花のハンドメイド作家として活動しています。日々の制作記録です。

シリカゲルでドライフラワー作り♬

最近、シリカゲルでのドライフラワー作り

やってなかったなぁ~、

そういえば(^-^;

 

夏の間は、家のプランターで育てた

千日紅をたくさんドライにして

リースやサシェなど

作っていたんです♫

f:id:takayamakeyaki:20181024164607j:image

 

f:id:takayamakeyaki:20181024164630j:image

千日紅のシーズンが終わって

しばらく出番がなかったので、

久々に、先日吊るした

リンドウとバラの葉を

シリカゲルでもドライに

してみることにしました⭐️

 

やり方はこれまた簡単!

ドライフラワー用の乾燥剤を用意。

タッパーに乾燥材とお花を入れて

1週間ほど置くだけです♪

 

乾燥剤はこちらを使っています

store.shopping.yahoo.co.jp

 

 

 

今回は、記録がてら

写真とともに手順をご紹介しますね。

 

まず、タッパーにシリカゲルを

厚さ2cmくらい入れます。

かなり細かい砂状で、

慎重に作業したつもりでも

テーブル上にザラザラが残ります。

新聞などを敷いておきましょう!

f:id:takayamakeyaki:20181024165514j:image

そして、お花を並べていきます。

リンドウとバラの葉は、

サシェに使うつもりで

茎は入れていませんが、

茎も使いたかったら、

入れても大丈夫です🙆‍♀️

(長いタッパーが要ります)

f:id:takayamakeyaki:20181024165810j:image

その上から、やさしくシリカゲルを

かけていきます。

お花が完全に見えなくなるまで

たっぷりかけます。

 

私は、レンゲを愛用してます🌸

スプーンでは時間がかかるし、

お玉では大きすぎるので。

 

上部に隙間が空く場合は、

もう一段お花をならべています。

バラの葉は、くしゃくしゃにならずに

そのままの形でキレイに

ドライになるので

サシェの飾りなどに良いですね^_^

f:id:takayamakeyaki:20181024170139j:image

そして、さらにシリカゲルを入れて

完全に埋めます。

f:id:takayamakeyaki:20181024170235j:image

蓋をしっかり閉めて、私は

マスキングテープに日付と

お花の名前を書いて貼っています。

f:id:takayamakeyaki:20181024170342j:image

 

ちなみに、このシリカゲルは

再利用が出来るんです(^_^)v

 

湿気てきたら、

青色がだんだんうすくなって、。

最終的にはピンク色に。

 

そんな時は

鍋に入れて5〜10分、から炒りすると、

元の濃い青色に‼️

これは便利でエコですねー!

 

鍋は大きい方が、効率が良いです。

金色のお鍋・・・

よく煮ものとか汁物を大量に作るときに

見かける鍋を、買いました(^^)v

f:id:takayamakeyaki:20181024171112j:image

炒ったら粗熱を取りたいところですが

鍋のフタを開けていると、

空気中の湿気を吸って

また湿気てしまいます💦

なので、私は鍋のフタを

そのまま閉めて、冷ますようにしました。

鍋のフタの穴はラップで塞いでます(^ ^)

f:id:takayamakeyaki:20181024171346j:image

から炒りの時は

鍋がとても熱くなるので、気を付けて下さいね。

 

さてさて、お花は

10月19日に仕込みましたので

今週末に取り出す予定です。

リンドウをシリカゲルで乾燥するのは

初めてなので、

どんな風になるか楽しみです♪

 

それでは、また明日👋